七尾美術館 ・・・ 岡本太郎―芸術に挑んだ親子・かの子、一平、太郎 展

なんとか・・・辿り着いたぁ。
山の上の自然に囲まれた…イイ環境~♪

駐車場から入り口までの通路には桜らしき木々が並び、ベンチも並んで・・・
花見候補地。d( ^-^ )

・・・・・デジカメの電池ぎれです・・・。
綺麗な、とこなのに・・・。(v_v)


いよいよ
画像

【 岡本太郎~芸術に挑んだ親子~展 】

・・・ん?!意外に小規模?


第一展示室に入室。

なんか・・・一枚目から惹きつけられて・・・足が動かない・・・。

●名前忘れちゃったぁ…(.。)☆\
黒の中に白っぽい布が舞って、傍に棒がある絵。初期作品
 ・・・ずっと見ていたい絵。

●森の掟
画像
 ・・・ポスターとは色合いが違って
 目が離せない・・・

 真ん中の目が騙し絵のようで・・・
 凶暴に見えたり・・・
 ラリってるようなだらしない顔に見えたり・・・

 普通に見たら・・・凶暴な顔。
 でも・・・
 ファスナーが口に見えると・・・ラリってだらしない顔。

 ・・・・・見える?!芽女だけかなぁ~。





魅入られて動けない芽女・・・
やっと2点見た段階で・・・同時に入室した御夫婦は、出て行ってしまった。

うっ・・・

帰れなくなるかもしれない・・・・・動かなければ・・・。(v_v)






●美女と野獣
画像
 事前に手に入れたチラシには
 『駄々っ子』ってタイトルがついていたのに
 実際は・・・『美女と野獣』って・・・。
 もう先入観で駄々っ子の女の子にしか見えないよぅ~。(T_T)
 でもチラシでは判んなかったけど・・・
 野獣がイイ表情なんだぁ~!猫かなぁ~?
 これ好きぃ~。(^^)。


●駄々っ子
 画像は見つかりませんでした・・・(v_v)

 本当の『駄々っ子』・・・叱られたあとかな・・・うっすらと涙を滲ませて・・・。
 初めは特に何も思わなかったんだけど・・・
 振り返ってみてたら・・・凄く切なさが伝わってきて・・・
 やっぱり見入ってしまった・・・(v_v)


●黒い太陽
画像
 太陽が好きだった岡本太郎さん
 昔、太陽とにらめっこした後・・・
 ふと目をつむったら色んな色が散った・・・
 それを絵にしたらしい。

 何回見ても・・・右下に太陽と面してる人の顔が見えるわ・・・
 解説には何もかいてなかった気がする・・・ような。(.。)☆\



●リボンの少女
画像
 クリクリッとした目の可愛い像・・・
 目を覗き込んだら、貫通していた。
 ふぅ~ん・・・と思いながら別の絵を見て。

 丁度、像の裏側に来たんで
 振り返ってみたら・・・
 また、女の子?!
 足のポーズが違うだけ・・・凄・・・ぉ・・・・。
 
 正面から見たのは、写真のように正座っぽい。
 裏から見ると前のめりになって、足を伸ばした感じ。
 両面にあると思わなかったから・・・ビックリしたぁ♪



●午後の日
画像

 むっちゃかわいい・・・見てるとなごむのぉ~。
 展示物は掌サイズのちっちゃいもの
 幼子に見えて可愛いぃ~。




画像
 岡本太郎さんの墓標にもなっているそうな
 ・・・こんな墓標いいねぇ♪

 墓標は大きいせいか・・・
 腕がしっかりしていて・・・
 大人に見えるなぁ~。

 どっちもいいけど・・・
 やっぱりちっちゃいのがいいな。
 なんか癒される。 
 ちっちゃい模型・・・欲しいなぁ。


●目の立像
画像

 ”目”?って物が多かったな。
 そういえば”目”の前で立ち止まってた時間長いかも・・・

 なんか・・・見えそうな気がするんだ・・・けど。





●女神の像
画像は見つかりませんでした・・・(v_v)
似たような画像です。
画像
 これの手を下ろした形・・・だったかなぁ。(.。)☆\
 真っ白で50cm位のスッとした、女神様。

 像の前に立っていると・・・
 なんだかスゥ~と軽くなるような・・・
 欲しいぞ!




●名前忘れた・・・こんな感じの像。((.。)))☆\
画像
 女神の像と同じような真っ白で綺麗な流線・・・で結構大きかった。
 画像は・・・
 首長竜か天に昇りたい竜か蛇のようだぁね。



結局、第1から第3まで結構展示されていました。
たくさんあったけど、印象に残ったものだけ紹介させて頂きました。


最後には、両親の『一平』さんと『かの子』さんの作品と衣装が展示されていました。
衣装が素敵で・・・ハイカラさんだったんだぁって感じでした。

急だったけど、行ってよかったぁ~!って感じです。
帰りは別ルート・・・で・・・。

金沢の友人の顔、見に行こうって考えてたけど・・・
こっちのルートも思っていたより遠く・・・18時過ぎたので断念して帰ってきました。

石川って広いのねぇ~。


【教訓】
若い時の感覚で移動しては失敗することもある!d(v_v)





・・・・・・・・あぁ~、やっと完成した。
保存する前に、トンじゃって・・・数回やるきなくして・・・完成まで1週間。
長かったぁ~。

やっとホッと落ち着きました~。(^^;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

かわいい かわいい

この記事へのコメント

ちゃむちゃむ
2006年09月22日 16:10
岡本太郎展はよかったようですね。あの家族は凄いです。母上の岡本かの子さんの小説はすばらしいですよ。絵の才能は父親から、あの性格は母親譲りだとおもいます。
芽女
2006年09月22日 21:25
ちゃむちゃむ様
物知りなんですね…
芽女は行くまで太郎さんの娘と息子だと思っておりました。(v_v)

数年ぶりの近代美術…良かった!
そういえば昔は美術館行っても、今ほどは魅せられたり感じたりしなかったなぁ。

母上様…有名なのね。
素敵なドレスが並んでいました。

岡本太郎の女性版…かぁ。
たおやかな女性に見えたのだが…
凄い人だったのね。
2006年09月22日 22:57
芸術は爆発だぁああ♪

美女と野獣の野獣がどう見ても猫にしか見えない・・・。
しかし岡本太郎って天才だよね。
ピカソもそうだけど、やはり基礎がずば抜けてうまいからこそ、この絵が生きてくるのかと。

梅吉も爆発したいっす~(・・・何に?w)
toki
2006年09月23日 01:06
私は「森の掟」が一番のお気に入りです。
実はスッゴイ近くに(これを書くと住んでいる場所が判ってしまいますが)岡本太郎美術館?が、あります。何度も行った事があります。
しかしエネルギーを具象化するのが特化した方ですねえ・・・・・。変な概念を持っていないのもよろしゅうございます・・・・・。
芽女
2006年09月24日 16:23
>梅様
本当に圧倒されました。
何度も見に行きたい作品ばかりでした。

梅様は爆発して…何処に向かうの?
宇宙かや?(.。)☆\
芽女
2006年09月24日 16:29
>toki様
入った時と出る時に見たのですが…
何か惹きつけられますね…。

いいなぁ~何時でも行ける距離にあるの…
確か先日はウルトラマン展やってたんですよねぇ~イイナぁ・・・(・q・)

お手頃なら、しょっちゅう行きたいな…
出来るなら【青い手・赤い手】と握手してみたかった…
監視員さえ居なければ…(.。)☆\
toki
2006年09月25日 00:42
実は行く途中森の中でtokiを震えさせる霊感スポットがあって、そこに近ずくと頭痛がしてきます。ですから残念ながら、なるべく行かないようにしています・・・。あ、ドラエモンを描いていた方も近くに家があったらしく、その記念館も作るそうです・・・。早くできないかなあ・・。
芽女
2006年09月25日 10:26
toki様んち周辺は…芸術の森に変身中?
いいなぁ…

芽女の実家方面には、『ハットリくん』関係の置物が町中に溢れていますよ。(^へ^)
ブリやイカなどの海生物も擬人化して
あちこちに…さすが魚の町?!

昔、ドラえもん展に行ったことあるよ。
今のテレビは見なくなったけど…
昔のテレビやビデオは今でも好きです。
もちろん漫画も。

なんか…昔の声で育ったせいか
今の声に違和感感じて楽しめなくなりました。
(v_v)
ちゃむちゃむ
2006年09月25日 23:14
サザエさんも吹き替えが変わっているのでちょっと寂しいです。ドラえもんも最近見たら声が違っているし。
芽女
2006年09月25日 23:51
>ちゃむちゃむ様
えっ!?サザエさんも~。
ここ数か月、見てなかったけど…

今日偶然ドラえもんを少し見たけど…
ドラえもん、のび太、スネ夫が…ちがうぅぅぅ!
やっぱり嫌ぁ~!
昔の、のび太の声の方が心情の優しさが伝わって来て好きだ♪残念だなぁ…
10分くらい見てチャンネル変えた。

この記事へのトラックバック

  • ムムリクさん

    Excerpt: の個展に行ってきた。昨日。 朝日新聞本社のエントランスでの開催。 Weblog: ちゃぶ台絵話 racked: 2006-09-22 23:27